執筆ママの野菜ごはん

雑穀と野菜中心のごはん始めました。

野菜ごはん始めました。

書きたいテーマを探していて、ブログの更新が滞っていました。

 

やっぱり毎日の食生活は大切だなと思い、

野菜中心の料理を作り始めました。

このブログは雑穀や野菜ごはん作りがメインテーマになりそうです。

これから学びたいと思っているのは、マクロビオティックやつぶつぶ(雑穀)料理です。

カラダにやさしい自然の手当て法

新品価格
¥1,728から
(2016/8/9 04:17時点)

 

マクロビ用の調味料はまだ買ってないので、当分は家にあるもので作っていくつもりです。

マクロビはいろんな流派や呼び方があるのですが、玄米菜食や自然食(オーガニック)と言われることもあります。

玄米も買ってないし、卵や乳製品も食べているので、

現時点ではマクロビ風ごはんと言った方が正しいかもしれません。

 

マクロビと出会ったのは、12年前の冬でした。

マッサージが好きで時々通っていたのですが、そこの担当者の方に冷え性を指摘されたのです。

「体を冷やすから白砂糖を取るのを止めたほうがいいよ」

と言われ、

有機野菜などを売っているお店を紹介されました。

そこでてんさい糖、米飴などで作られたクッキーや有機納豆を買ったのですが、納豆の美味しさに感動したのです。

てんさい糖 650g

新品価格
¥432から
(2016/8/9 04:11時点)

ミトク 米水飴 600g

新品価格
¥948から
(2016/8/9 04:13時点)

一時は普通のスーパーに行かずに自然食品を扱っているお店ばかり行っていました。

このようなきっかけでマクロビと出会いました。

半年くらいは白砂糖取らないように生活していたのですが、

ダイエットみたいな感じで反動がきて中断・・・

でも、たまにマクロビカフェ(当時は少なかった)などでごはんを食べると、やっぱり美味しくて。

そこで、マクロビ料理教室に通い始めるのですが、

ワークショップが1400件以上 ストリートアカデミー

単発レッスンに行ったり、同じ先生のところに何度も通ったりしていました。

教室では玄米の炊き方を何回も見ているのですが、

家で炊くと固くて食べれない事が多々ありました。

当時の圧力鍋はシューっと蒸気の音が大きくて怖く、

扱い方が難しかったのです。

そんなこんなで徐々にマクロビから離れました。

 

子供のために美味しい料理を作りたい気持ちはあるものの、

洗濯や掃除を優先してしまって、簡単料理ばかり作っていました。

ようやく一念発起して、マクロビごはん再開です。

これから、マクロビ&つぶつぶ料理教室に通いながら、

超初級レベルからどこまで作れるようになるか挑戦します✩